相手が安心する会話の反応

相手が安心する会話の反応
自分が話しているのに、相手の反応が薄いと不安になりますね。

「ちゃんと聞いているのかな?」「話がつまらないのかな?」等と不安に感じてしまい、話をする意欲を削がれてしまいます。

当然、相手も同じです。優秀な聞き手は話を聞いていることを態度や反応で相手に示します。話し手は安心して話せるのです。

優秀な聞き手の反応

■全身で聞いていることを示す(ボディーランゲージ)
会話は言葉だけで反応するものではありません。相手の目を見る。首を振ってハッキリ頷く。

身体を相手に向ける。話題に合わせて表情を作る。身体を遣って聞いていることを示します。

会話はラジオではありませんから、声だけではなく相手の視覚も意識して反応をしましょう。

■言葉ではっきり相づちする(ランゲージ)
判で押したような同じ相づちを繰り返してはいけません。「はい」「あぁ」「おう」と気のない返事では話し手は不安になります。言葉ではっきりと相づちをしましょう。「なるほど」「感動するな」「同感ですね」「それはすごい」と随所に短い感想をはさむと効果的ですね。

いちいち言葉で反応せずとも、随所の短い感想だけで「あなたの話を聞いている」と示せます。

■肯定的な反応を心がける(マインド)
自分の話を「それは違うね」「君は間違っているよ」と否定されたらムッとくるものですね。

人間は自分を肯定してくれる人を好みます。よほど変わった人でない限り、絶対に好みます。

女性の場合は、「それはこうするべきだ」「これで解決するよ」というアドバイスの類はNG。

「すごいね」「がんばったね」と共感を意識して反応すると、女性達は肯定感に満たされます。

実際の会話では、女性の話はワガママだったり、脈絡がなかったり、話が飛躍して戸惑います。

しかし、女性の会話はそういうものなので、そのまま受け取ってあげれば好感度が上がります。

また、人間ですから相手の話がつまらないことがあるでしょう。しかし、感情は表情に表れやすいので気をつけましょう。興味がないからこそ、新しい知識を吸収してみてはどうでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ