男性・女性の恋愛観について

よく男性と女性とでは、恋愛観が異なるという話が指摘されていると思います。

そもそも、男性と女性とでは、恋愛対象にする異性の基準についても、少し異なるところがあります。

例えば、男性の場合には、容姿が最も重要なポイントになります。

特に女性の顔を見て、タイプかどうかということを判断するところがあります。

女性の中には、顔にコンプレックスを持っている人もいるかもしれません。

しかし女性の場合には、メイクという手段を使って、男性を誘惑することもできます。

ですから、必要以上にコンプレックスを持って、悩まないほうがいいかもしれません。

女性についても、異性を見るときにはやはり、外見に寄る第一印象で判断をするところが大きいです。

「外見で判断をしません」という女性も最近ではいるようですが、やはり第一印象が強くその後の印象に影響を与えることは間違いないようです。

しかし男性のように、顔で判断をする女性はさほどいないことも事実のようです。

むしろ、体つきで判断をする傾向があるようなのです。

女性というのは、より優秀な男性の遺伝子を求める傾向があります。

優秀な遺伝子というのは、頭がいいことも重要かもしれませんが、むしろどのようなことがあっても生き残ることができるような、強くたくましい遺伝子を求める傾向があります。

そこで、女性の場合、引き締まってたくましい肉体をもっている男性に、ひかれる傾向があるわけです。

またそこから先は、経済力というものを見る傾向があります。

男女平等になったとしても、やはり男性が一家を支える大黒柱であることには変わりがありません。

ですから、男性が自分のことやもし子供ができれば子供のことをしっかりと面倒をみることができるのかどうかというところで、男性を見極めようとする傾向があります。

男性が女性にもてるためには、いかに女性に安心して生活ができるかということをアピールすることが必要だということになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ