清潔感のある男になれる5つのポイント

恋愛における「清潔感」とは、物理的な清潔さはもちろん、清潔なイメージ(=外見に気を遣ってると感じる)も重要。

実際、身なりを整えている人は爽やかな感じがしますよね。

ポイントは5つ。髪型・顔・手・服装・持ち物に気を遣うと、全体的な清潔感が演出され、印象がグーンと良くなります。

男を”見せる”清潔感の作り方

■ ポイント1 頭髪
髪がアブラでベタベタしている。
髪が伸びすぎ、厚すぎで不自然。
髪の染め過ぎで髪が痛んでいる。
寝グセがそのままになっている。
肩にフケが落ちてしまっている。

髪が脂ぎってベタベタしていたり、寝グセがあるのは、一目見ればスグに気づくので即アウト。

また、染めすぎて髪が痛んでいたり、肩にフケが落ちているのを発見すると女性は急に冷めます。

「フケ」は清潔感の大敵。フケは新陳代謝なので誰でもありますが、女性はトイレに入った時に、鏡の前でこまめにチェックしているそうです。この感覚で男性も見ているので厳しいのでしょう。

また、清潔感のある髪型はズバリ「黒髪のショートヘア」です。単純に、髪の量が少ないので、視覚的にも「軽い」印象があります。「男は短髪が良い」という女性が多いのもうなづけます。

■ポイント2 顔
目やにがついている。
歯が黄色い(汚い)。
口臭がキツイくさい。
鼻毛が伸びて出てる。
無精髭が伸びている。
肌荒れ・ニキビなど。

肌荒れやニキビは人間なので仕方ない面もあります。不規則な仕事をしている方なら尚のこと。

しかし、女性側で「疲れているのね」と良い解釈をしてくれることはなく、不摂生と思われます。

普段からビタミンを摂取するようにし、男性向けのスキンケア用品を試してみても良いでしょう。

最低でも、朝と寝る前の「洗顔」は絶対に行います。これだけでも「ニキビ予防」に繋がります。

■ポイント3 手
ツメが伸びている。アカがたまっている。
手のあれがひどかったりカサカサしている。
センスが悪い・年相応ではない腕時計をしている。
指輪の有無で女の影を読まれる。外した痕跡も注意。

「手」は意外にチェックされている重要パーツ。その手で触れられるのですから気になりますね。
ツメが伸びていたり、ツメアカがたまっていたら最低最悪です。絶対にチェックをしましょう。

■ポイント4 服装
シャツがシワだらけ。
Yシャツの裾や襟が汚れている。
ズボンが長すぎる・短すぎる。
ファッションセンスがない服装。
ネクタイの締め方が正しくない。
シミや汚れをそのままに着てる。

「清潔感のある服装」と言うと洗濯した服を着る男性が多いです。僕もそう思っていました。

しかし、それは「清潔」なだけで「清潔感」ではありません。服を洗濯するのは当たりです。

洋服は脱いだらハンガーに掛ける。これだけでもシワやホコリがつきづらいので習慣づけます。

毛玉やホコリがついたらコロコロで取る。ニオイにはファブリーズかリフレッシャーを使用。

■ポイント5 アイテム(持ち物)
財布にセンスがない、安っぽい。
財布がレシートだらけで整理されていない。
時計にセンスがない、年相応ではなく不自然。
ベルトにセンスがない、安っぽい、壊れてる。
アクセサリのつけすぎ。またはセンスが悪い。
全般的に若い男性が高級品を使用すると違和感。

アイテム(持ち物)は清潔感とは微妙に違いますが、当人のセンスの象徴なので触れておきます。

女性がチェックしているポイントで、「財力」が現れるので結婚適齢期の女性は特に敏感です。

持ち物選びのポイントは「安すぎず、高すぎず」を目安にします。若いのに高級品を持つと、「見栄を張っている」と疑われます。実際に若くして仕事で成功していても”そう見られます”。

センスに関しては言葉で説明するのが難しいですが、迷ったら「シンプル・イズ・ベスト」です。

腕時計や財布でもシンプルなものは万人に似合います。下手に目立つよりシンプルさが勝ちます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ