成功するデートプランとは

女性とデートの約束をしたら、今度はデートプランを立てます。まずは、女性が楽しいデートと楽しくないデートの違いを知り、あなたのデートプランから楽しくない要素を排除することです。

マイナスを排除してから、プラスの要素を付け足しましょう。プラスの要素と言っても、奇抜なアイデアは必要ありません。普通のデートにちょっとした工夫を施すのがよいデートです。

失敗するデートプランの条件
典型的な失敗例が「どこに行っても混んでいて待ち時間ばかりのデート」。『雑誌で紹介されている素敵なイタリアンのお店があるんだ』と前置きしておきながら、混んでる時間にバッティング、その後30分も待つことに。彼女は愛想笑いしながら「段取り悪すぎ」とウンザリするでしょう。

また、スケジュールがびっしり詰まった過密デートも頂けません。食後のお茶を飲みながら、女性がリラックスしているところ「それでは、次に行こうか?」では落ち着けません。また、予定を守ることだけに神経を揉んでしまい、肝心の女性に注意を怠りがちで本末転倒になってしまいます。

いきなり自宅に迎えに行って「これから、○○に出かけよう」というサプライズデートも注意が必要です。お出かけとなれば、女性はお化粧やオシャレをしなくてはいけません。女性が準備する余裕を与えるのがスマートな男性です。いきなり連れ去るのも素敵ですが、それなりの配慮も必要。

■失敗するデートの要素
どこに行っても混んでいて待ち時間ばかりのデート。計画の立て方が悪いデートの典型例。
女性が興味のない場所に連れて行くデート。事前に女性のニーズをリサーチする必要がある。
過密デート。仕事のように忙しく駆け回るなんてあり得ない。女性も息苦しくなってしまう。
行き当たりばったりのデート。直前になってデートプランを立てると、でたとこ勝負になる。

女性が喜ぶデート計画の立て方
スムーズなエスコートが可能になる計画。
女性が興味のあり、楽しめる場所に行く。
時間に余裕のあるゆったりデートが良い。
不測の事態に備えた、予備プランも用意。
可能なら、女性が喜ぶサプライズを用意。

決して待ち時間の生まれるプランを立てないことです。雑誌やテレビでも紹介されるイタリア料理店に行くことは賛成ですが、12:00からでは混雑した時間帯にぶつかります。混雑をさける方法は簡単です。お店に電話をして「週末に昼食を取りに行くのですが、何時ぐらいが空いている時間帯ですか?」と聞けばいいのです。お店から聞いた空いている時間帯ならスムーズに入店できます。

せっかくならデート場所も彼女好みにしたいですね。「オススメの飲食店ってある?」とカマをかけるように女性が行きたい場所を、事前に聞き出しておきます。聞き出せなかった場合は、スポーツ観戦やパワースポット巡りなど好みがハッキリ分かれる場所は避けます。映画館やゲームセンター居酒屋や有名ホテルのレストラン等、無難な場所をリストアップすれば失敗はなくなります。

また、全体的に時間に余裕を持たせることが大事です。食後にゆっくりし過ぎたり、予期せぬにトラブルに見舞われたりと、予定通りにいかないのがデートというもの。余白が生じるくらいのが時間的余裕がある方が良いです。時間が余った時のためのプランも事前に用意していれば、「これからどうしようか?」ということにもならず、最後までリラックスしてデートを楽しめるはずです。

また、モテる男になるためにはアクシデントにも強くなって欲しいです。昼食を取る予定のお店が「臨時休業」だった時に、すぐに出せる予備プランがあると強いです。同様に、デートスポット一帯の情報は頭のなかにインプットしておきましょう。時間がないならグーグルマップのストリートビューで歩いてみる、時間があるなら「下見」をして土地勘を備えておくと不安もなくなります。

最後にデートのサプライズについてお話します。時間が余ったので「ちょっと○○ブリッジまで行って見ようか」とドライブ開始。ついでのドライブだったのに、イルミネーションが施された○○ブリッジを見て女性が感激!・・・このように予想外の体験をすると、そのデートは素敵な思い出になりますね。時間が余れば、近場の「景色が綺麗な場所」に行ってみてはどうでしょう?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ