恋愛が進展するメールの技術

恋愛がなかなか発展しないと、じれったくなるものですね。
特に、何回か二人で食事に行ったり、映画を見に行ったり、それなりの関係にはなっているのに動きがないと尚更です。

ここでは何度がデート(あるいは食事など)に行っていて、それなりに相手の好意を感じていることを条件にし、恋愛を発展させる巧みなメールテクニックについて解説します。

女性も「脈あり」のサインが欲しいという事実
今現在、恋愛が発展しなくて「あの子は俺のこと、どう思ってるのかな?」と悩んでいるあなたは確信できるぐらいの「脈あり」のサインに飢えていますね。同様に、女性もあなたからのサインを待っているのかもしれません。あなたを「好き」と思いながら、行動できないのかもしれません。

こちらから脈ありのサインを送りましょう。さりげなく、しかし確かなサインを送ることによって女性を具体的なアクションに誘導するのです。こちらの隙を見せて、女性の背中を後押しします。

それでは脈ありメールの作成方法について解説します。以下の3つを、文面に散りばめましょう。

(1)現在、恋人がいない。(2)好きなタイプが相手の女性。(3)恋愛では、草食系で受身。

(1)現在、あなたに彼女がいるのかどうか悩んでいるかもしれません。既に伝えている方はともかく、恋する相手がフリーかどうかは、恋人候補として意識するかしないかの分かれ目ですね。

二人の仲が良くなってきた段階で、さりげなく「彼女いないんだよね~」とメールあるいは実際に会っている時にでも伝えておきましょう。既に伝えている方はこの項目をパスして下さいね。

(2)は、メールで「好みのタイプ」という話題に持ち込みます。そして、好みのタイプを、相手の女性の「年齢、髪型、顔、性格、考え方」に似せて伝えます。顔については可愛い系かキレイイ系か?また、あまり可愛くない女性なら(失礼)「顔は気にしない」と文面に書きましょう。

容姿に自信がない女性は、自分は相手にされないと思い込んでいるので、これで安心するのです。

(3)もうひとつは、恋愛において自分が草食系でガツガツしない性格であることを伝えます。タイプを伝えている時点で「これってわたしのこと?」と感づき、その上「あまりガツガツしないってことは態度には出ない・・・やっぱりわたしのことじゃん」と、女性は確信してしまうでしょう。

彼女はいなくて、タイプは私に似ていて、態度に出さない男、脈があると考えざるを得ませんね。

ただし、このメールテクニックは二人の関係が温まっていることが前提です。メール交換をして間もない頃に、こんなメールを送ったら女性の警戒を誘うでしょう。理想的なのは、あと1歩なのに恋愛が進展せずに足踏みしている状態です。このように遣い方により、二人の愛が急接近します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ