必勝法

自分があまり出会い系サイトの無い異性から脈アリのサインを出されても気付かないのに、好きな異性からのサインには過剰に反応してしまう。
こういうことは、男女ともによくある話です。

脈があるのか無いのか、興味がない相手であれば冷静に判断できるものです。
しかし、好きな相手だとつい良いほうに解釈してしまって勘違いしてしまうのはしかたのないことです。

出会い系サイトに誘ってもらう、プレゼントを貰う、などは好意の表現だと思います。
でも、それが必ずしも恋愛対象としての好意とは限らないのが難しいところです。
人によっては、出会い系サイトでない人でも食事を誘ったりプレゼントを贈ることがあるからです。
中には、何度も目が合うだとか自分にだけ微笑んでくれたとか、そんな小さなことで脈があると信じてしまう人もいます。

そのために勝手に脈があると勘違いしてしまった人は気の毒ですね。
絶対OKだと思って告白したらごめんなさいと断られてガッカリ、なんて可哀想な結果になってしまいます。

別に断られてもいいや、また別に人に行こうと思える人は、どんどん勘違いしてもいいと思います。
しかし、そういうのがカッコ悪いと思うのなら、やはり告白する前に冷静な第三者の意見に耳を傾ける必要があるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ