好きな女性へのメールの頻度は?

うざったがれずに自分の気持ちをアピールできるメールの頻度はどれぐらいでしょうか?はっきり言って、わかりません。

したがって、これぐらいなら安全だろうという視点で好きな女性へ送るメールの頻度を考えます。

結論から言えば、メール交換の初期では「1週間に3回ぐらい」がベスト。

だいたい「3~5ターン程度」に押さえれば、女性も重くないでしょう。

特に、友達未満の男女なら「あっさりメール」が好印象で、安全ですね。

ただし、メール交換が盛り上がってきたなら「ターン数」は気にせずに、そのまま親交を深めましょう。

大切なのは回数ではなく、相手の女性に迷惑がられないかなので、臨機応変に規定回数を破るのは問題なしです。

好ましいメール回数は相手によって決まる。

冒頭ではっきり言って、わかりません。と述べたのは、相手の状況によって理想的なメール回数は変動するからです。

例えば、仕事で忙しい女性なら休日に「1回3~5ターン」程度が望ましいのではないでしょうか?

週末の休みの日にメール送信すれば彼女の1週間には入り込めるでしょう。

相手が大学生なら、時間はある方なので「1週間に3回、3~5ターン程度」から開始しても良いでしょう。仲が深まっていけばメール回数は増やしましょう。

忙しいOLとは違って、メール回数の上限値が高いのでメールに注力しなくてはいけません。このタイプは、メール活用が重要です。

このように相手の女性によって理想的なメールの頻度は変わります。

また、相手の女性がメールに慣れているか不慣れかも考慮しましょう。

僕は、忙しくてストレス量が多い女性には「少なめに」自由な時間が多くストレス量が低い(余裕がある)女性には「あっさり」からスタートしますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ