女性を効果的に褒める方法

女性を褒めるのは好感度を高める有名なテクニックですね。
しかし、有名なせいか、上手に使えない方が目立つのです。

褒め方がありきたりで”お世辞”と受け取られてしまったり、不自然な褒め方をして”下心”がバレて気持ち悪がられたり。
良かれと思って褒めているのに悪く取られたら嫌ですよね。

女性を褒める時のポイントは「二人の親密度」と「具体的に褒める」の2つを実行することです。
この2つを意識するようになってから、女性の反応が良くなり喜んでもらえるようになりました。

女性との親密度によって褒め方は変わる

初対面の女性に「キレイですね」と言えば不自然です。良くて、社交辞令と思われるでしょう。
したがって、最初の褒めるタイミングは、合う回数が増えてそこそこ仲良くなってきた時です。

褒める箇所は、身体的なことは「全体的なこと」、性格的なことは「その場の行動に対して」。
褒め方もあっさりと伝えます。この段階で具体的に伝えれば、下心がバレてしまうでしょう。

せいぜい友達程度の付き合いなのに「A子って観察力があるから、周囲に気を遣えて・・・」
と具体的に褒めたら、「この人ストーカーなの?」と不幸な誤解をされてしまうからです。

一方、親密になってきたら褒め方も変わります。身体的なことは「細かな身体のパーツ」を、性格的なことは「本質的なパーソナリティ」について褒めましょう。より細かくなるのです。

褒め方も、具体的に強調して伝えましょう。「A子は周囲に気を遣えていて優しい性格だね。
食事の仕方も行儀が良くて品の良さが伝わるよ。ご両親のしつけも良かったんだろうね。」

ある程度仲の良い女性ですから、これぐらい具体的に褒めても、不自然ではありませんね。
このように関係が浅ければ「全体的に、あっさり」、深ければ「細かく、具体的」がコツ。

漠然と「キレイだね」と褒めても、社交辞令と受け取る女性も少なくないです。同様に「優しい」
も社交辞令と受け取るようです。このように「抽象的な褒め方」は社交辞令と感じやすいのです。

加えて、男女交際の場では「褒め言葉」は溢れています。本当に褒めている言葉から、お世辞の言葉までありふれています。 褒められても「真に受けて良いかわからない」背景は十分あるはず。

つまり、相手が喜びやすいよう褒めるのが重要。これは具体的に褒めることで可能になります。
「キレイだね」ではなく「腕の線がキレイだね」と具体化すれば、本人も喜びやすくなります。

これぐらい”伝わりやすい”と社交辞令とは思えませんね。また、本心から褒めていることを伝えるのにもたまに褒めるのが吉。せっかくの褒め言葉を連発していては言葉の価値が下がるからです。

つまり、「ここぞ」という時に「具体化して」褒めるのが、女性の心をグッとつかむ褒め方です。
恋愛テクニックの位置づけとしては褒めるのは「必殺技」です。確実に決めてやりましょうね!!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ