女性との会話を練習するには

女性と一対一になるとガチガチに緊張してしまう、オロオロして相手の女性がなんとか会話を繋ぐ展開になってしまう。

僕は緊張し過ぎてノドに関所があるように言葉が出なかったので、何度も苦い思いをして、その度に自分を責めました。

しかし、女性と話せないのは、すべて苦手意識のせいです。

性格のせいではありません。性格のせいで場数を踏めなかったせいです。場数を踏んでいない、それだけです。思い悩むのはやめましょう。ほんの少し勇気を出して、会話の練習をしましょう。

女性との会話を練習できる場所とは
ハードルが低いのは、デパートの受付や店員、携帯ショップのお姉さん、TSUTAYAの店員です。
ミッションはデパートの店員には「商品の質問」、携帯ショップでは「コースや新機種について」TSUTAYAの店員には「オススメの映画は?」と聞きましょう。しかも、なるべく可愛い店員に。

口下手な男性は聞きたいことがあっても、そのままやり過ごしがちです。心当たりありますね。

店員と客の関係ですから無視されることはありません。可愛い店員に話しかける勇気を養って、成長してきたら世間話を振ってみましょう。小さいことですが緊張で話せない男性には有効です。

オススメはキャバクラです。会話主体の業種なので、練習にはもってこいです。友達や先輩と一緒に行ってみてはどうでしょう?相手はプロなので、会話下手でも相手が上手に乗せてくれます。

最初は緊張しますが、次第に女慣れしてきます。失敗しても一夜限りの関係。練習には絶好の場。

また、荒療治ではありますが、風俗は女性を知るのには良いところです。僕は女性にモテようと決心してから月に2~3回は風俗を利用しました。初めての時は、緊張してガチガチでしたが、次第に味をしめて(笑)、嬢と対面しても緊張しなくなりました。お金は使いましたがね(笑)。

性的なことを一通り経験することによって、女性に対する「性的な緊張」がなくなるのでしょう。

男性ですから女性と対面すれば、性的な目で見てしまい、ガチガチに緊張するのもあるはずです。

一回経験すれば「女性はこういうもの」という安定したイメージが固まります。それまでは、良く悪くも偏見のイメージがありますが、「所詮こんなもの」と良い意味で成長することが出来ます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ