デートでの告白タイミングは?

男性は、相手の女性が「自分を好き」という確信がなければ告白を戸惑うものです。一方で、女性はあまりにも待たされると冷めてしまう生き物なので、タイミングが大事ですね。

恋愛に不慣れなモテない男性にとって、告白のタイミングを見極めるのは至難の業です。そこで、デート回数を材料にして、女の子の気持ちを確かめる方法について考えてみます。

なぜ、3回目のデートで告白するのか?

本来ならば、デートの回数よりも、女性のサインをキャッチして「告白すれば成功するだろう」と見極めるスタイルが理想的です。しかし、女性に不慣れな男性は、えてして女性の一挙一動に過剰な解釈をしがちです。また、恋愛に未熟な男性が、確信を得られる段階まで到達するのは稀です。

そこで「3回目のデートで告白する」という恋愛の通説から基準を設けてみます。gooランキング「(女性が)告白されるまでの時間ランキング」においても、1位は「3回目以降のデート」となっています。また、「(男性が)告白するまでの時間ランキング」では、2位に「3回目以降のデート」となっています。雑誌の恋愛特集やモテる本でも、この通説は広く主張されています。

なぜ、3回目のデートでの告白がススメられているのでしょか?私見ですが、これは女性心理の動きを追えば、ある程度の見当はつきます。1度目のデートでは、彼氏として有望な男かをチェックするのが目的。女性からすれば、査定のためのデートです。初デートが重要なのはご存知の通り。

つまり、2度目のお誘いに女性がOKを出せば、予選は通過したことになります。そして、2度目のデートでは、女性は男性を再評価するのが目的です。「いい男かもしれない」という期待を抱きながら、念入りにチェックするデートです。その他の、彼氏候補との比較も行っている段階ですね。

3回目のお誘いに女性がOKを出せば、かなり良い線まで行っています。明確にあなたを好きなのかもしれないし、彼氏にするべきか迷っているのかもしれません。いずれにしろ可能性が高いのは確かで、どれだけ鈍い男性でも予感せずにはいられません。女性もそろそろと感じているはずです。

また、1回目のデートでは「女なら誰でもいいのか?」と女性は探っている最中です。2回目のでデートでは「もしかして私のことが好きなの?」と揺れ始める。3回目のデートとなれば、「私をすきなのかハッキリして欲しい」と、女性がじれったさを感じ始めても不思議ではないでしょう。

以上、推測の域ではありますが、3回目説の考察をしてみました。なぜ、3回目のデート説が支持されているのかと言えば、男性の予感が高まるのが3回目で、女性の期待が高まるのも3回目だからです。もちろん、3の数字を妄信するのは危険ですが、お互いに説得力が高まる頃合なのです。

1人の女性と3回もデートをすれば可能性を感じずにはいられません。しかし、女性の脈ありサインも探るよう意識して下さい。女性は興味のない男性には「変な気を持たれたくない」のでそっけない態度を取りますし、好きな男性なら「女」を前面に押し出した態度が垣間見えるはずですよ。

「デートの回数+脈ありサイン」で総合的に判断。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ