よくある質問

よくある質問をこちらでまとめておきたいと思います。

質問:どうして年齢確認をしなくてはならないのですか?
そして年齢確認時に必要となる書類について教えてほしいのですが。

答え:出会い系サイトは、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律」通称:出会い系サイト規正法によって、18歳以上でなくては登録をすることができないように義務付けられています。
これまでに出会い系サイトに18歳未満の児童が登録をしたことによって、事件に発展をするということが多くなってしまったため、法律が強化されることになりました。
そのため、18歳以上であるという証明をしてもらえなければ、登録を認めることができなくなったのです。

年齢確認をすることができるよう、登録者の生年月日が記載されていて、その書類の発行者が分かるような書類を提示してもらう必要があります。
この年齢確認をするための書類として次のものがあります。

・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・パスポート
・障害者年金などの福祉手帳

これらの公的書類以外でもクレジットカードの提示で18歳以上だと確認をすることができます。
18歳未満ではクレジットカードを持つことは出来ないですから。

これらは性犯罪や18歳未満の児童の事件を未然に防ぐことを目的としており、出会い系サイト全体の健全化を図るための措置となっています。
ですので、安全性を高めるためにも、お手間かと思いますがやらなければならないことなのです。
これは出会い系サイトの方針としてもそうですが、法律に則ったことですので、理解しないといけません。

質問:利用をしていく上で、してはいけないことはあるのですか?

18歳未満の人は会員になることも利用をすることも禁止となっている。
さらに営利目的、宗教や政治などの勧誘、サイトに不利益になるような妨害なども禁止となっています。

サイト側としては、以下の内容が主に禁止となっています。
・偏見や差別、身体的に危険をもたらすようなもの
・許可も無く他人の写真やプロフィールなどを使う
・他の人を中傷したり、その援助をしたりする
・他の会員に対してチェーンメールや迷惑メールなどの類を送りつける
・根拠の無い噂などを広めて、不安をあおるようなことをしたり、違法を増徴させるようなメール
・違法コピーや海賊版DVDなどといった著作権侵害をしている商品を薦めるようなメール
・違法な事例に対しての解説
・他の会員のパスワードやIDなどを教えてほしいというメール
・サイトに認められていないのに、サイト内で営利目的のメールをする
・18歳未満の児童に暴力野性的な行為をしようとしたりする行為
・18歳未満の児童の個人情報を聞き出そうとする行為

これらの禁止事項を行っている会員は、見つけ次第、強制退会またはアカウントの凍結をされることもありますので気をつけてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ